ツール・ド・スイス

UCIワールドツアー
第82回「ツール・ド・スイス」

スイス全域を舞台に全9ステージで争われる「ツール・ド・スイス」。
「第4のグランツール」とも称され、今年で82回目を数える歴史と格式あるレースです。
今年の総走行距離は1215.4km。チームTTからはじまり、 平坦基調のステージ、総合争いを左右する山岳3連戦を経て、最終日34.1kmの個人タイムトライアルで決着を迎えます。ツール・ド・フランスに向け、各選手のコンディションを占う重要な前哨戦となっています。

宮澤は第4ステージ、第6ステージの解説を担当させて頂きます。

第4ステージは、ガンジンゲンからグシュタードまでの 189.2km レース後半までほぼフラットなコースレイアウト。
残り17kmからはじまる2級山岳ザーネンメサーの登坂距離は7.2km。上れるスプリンターが踏ん張り、ゴールスプリントにもちこめるのか、パンチャーが早めの仕掛けでゴールを目指すのか。様々なシチュエーションが予想されるステージとなってきます。

第6ステージは、フィエッシュからゴンミスヴァルとまでの186kmの山岳ステージ。
道中、標高2492mのフルカ峠、全長23.8kmのクラウセン峠と2つの登坂距離の長いスイス特有の超級山岳を2つをこなし、レース中盤からダウンヒル、平坦区間をこなし、ゴール手前3キロから登坂2km、平均勾配6.7%の上りをこなしてのフィニッシュとなります。

お見逃しなく!

「ツール・ド・スイス」DAZNにてライブ配信
第4ステージ:6/12(火)22:45〜
第6ステージ:6/14(木)22:45〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA